沿革

本校は、大正10年に明徳女学校として創立しました。そして、昭和27年に明徳女子商業高等学校(昭和29年には明徳商業高等学校)と改称し、「職業人としての品位と実力」を兼ね備えた有用な人材を産業界に、多数送り出してきました。平成4年に入り、猪熊校舎から現在の洛西の地に全面移転を行い、平成9年度に「京都明徳高等学校」と校名の変更を行うと共に、教育課程において普通科と商業科を併設しました。 更に、平成12年度に男女共学に踏み出しました。

京都明徳高等学校のあゆみ

大正10(1921)年 「明徳女学校」創立
昭和29(1954)年 「明徳商業高等学校」と改称
昭和61(1986)年 系列校「京都成章高等学校」開校
平成4(1992)年 西京区の現在地に全面移転
平成5(1993)年 系列校「京都経済短期大学」開学
平成9(1997)年 普通科設置、「京都明徳高等学校」と改称
平成12(2000)年 男女共学化を実施
平成26(2014)年 教育課程を2学科、3コースに変更