安心・安全な学校づくり

安心・安全な学校づくり

学校を運営する上で、生徒のみなさんの安全・安心を第一に考えた設備・運営に取り組んでいます。

安全学習

避難訓練(1学期)

防災マニュアルに則り、災害発生時の迅速で的確な対応ができるように、西京区消防署と合同で避難訓練を行なっています。

救急救命講習会(1学期)

運動部を対象に実施しています。消防隊員の方から、人工呼吸・心臓マッサージ・AED使用方法などをレクチャーしてもらいます。

熱中症予防対策(1学期)

健康管理士を講師に招き、必要な知識の習得および、ケアの仕方などを学習します。

交通安全教室・自転車点検

自転車通学者を対象にライト・ブレーキなど、一人ひとり点検します。同時に、自転車のマナー指導も行います。

安心設備

保健室

養護教諭を複数配置することで、生徒の安心・健康管理にあたっています。各HRの保健委員さんと連携して、「保健だより」も発行しています。

スクールカウンセラー配置

生徒のみなさんはもちろん、保護者のみなさんに向けてのカウンセリングも行っています。個別予約制ですので、安心してカウンセリングを受けることができます。

スタディサプリ連絡帳

緊急時における学校からの情報発信を行います。
※緊急時でけでなく、保護者様への連絡を確実なものにするため、日常的な連絡ツールとしても利用しています。

AEDの設置

複数箇所にAEDを配置することで、緊急時への迅速な対応を図ります。

受付(正門)

正門には、警備員が守衛として常駐しています。

来校者記録・管理

受付にて所定の記録用紙に記載事項を記入し、警護員より入校証を受け取ることで、入校手続きが完了します。

防犯カメラの設置

不審者の校内への侵入を防ぐことを目的に、防犯カメラやセンサーを設置しています。

警備員(24時間)の配置

校舎内および周辺に、警備員を配置し、生徒の安全確保につとめています。

警報発令時および特別警報の対応について

生徒手帳に記載しています。

TOPへ